株式会社松ちゃん給食 代表取締役社長 小林成禎氏にインタビューしました。

社名:株式会社松ちゃん給食
設立:1994年12月
役職:代表取締役 小林成禎
住所:八尾市相生町1丁目8-43
URL:http://www.macchan.ne.jp/

事業内容
株式会社松ちゃん給食は、学校給食・幼稚園給食・会社給食にたずさわっています。
挨拶と掃除を徹底し、お客様から必要とされる会社になる事を目的としています。食を通して皆様に喜んで頂けることを我社の喜びとし、見えないところに誠実でありたい、そう思い食の安全の国際規格ISO22000を認証取得しました。
食べる事は生きる事、お客様に安全なものを安心してお召し上がり頂けるよう、従業員一同誠心誠意頑張っています。

 

会社の誕生

―よく働く両親の背中を見てきたので、今があると思います―
 2017年8月にお蔭さまで弊社は60周年を迎え、太閤園(大阪市都島区)に於きまして感謝の集いを開催することができました。まずはこの場をお借りしまして関係各位へ感謝申し上げます。

さて、弊社の創業は昭和32年まで遡ります。創業者の小林松太郎(松ちゃん)は大阪府八尾市で「お食事処松ちゃん」という食堂からスタートしました。公設市場と映画館の横という好立地だったものですから、毎日が多忙でよく働く両親を見て育ちました。
高度経済成長の真っただ中で、将来的に給食事業が伸びると見込んだ松太郎は、昭和35年から会社・工場の委託給食・給食弁当を開始。もちろん多忙な日々で休みなど殆どありません。無理がたたったのか松太郎は54歳の若さで逝去。昭和63年に私が二代目社長に就任することとなりました。

さまざまな方から学ばせていただいたお蔭で平成7年に法人化。㈱松ちゃん給食と改称して現所在地の八尾市相生町に本社を移転し、新規取引先を開拓するなど、業務拡張を行っています。平成25年には久宝寺に学校給食専用工場を新設し、増産体制の確立と品質管理向上に注力しています。

入会のきっかけ

―職場の教養に感銘をうけて入会しました―
30代前半という若さで急遽社長を引き継いだものですから、業界団体や商工会議所青年部、産業クラブ、八尾JC、八尾ロータリークラブなど、同業・異業種問わずに経営者の会に率先して出向き、代表者として必要なスキルを学んでいました。
その中で大橋よしこさん(八尾市倫理法人会 監査)に倫理法人会をご紹介いただいたと思います。MSに参加して最初に思ったのが「職場の教養」の素晴らしさで、平成21年8月に倫理法人化に入会し、職場の教養を朝礼に取り入れました。

 

転機となるような学びは? 倫理に入会してよかったことは?

-言い続けることで、納得して行動に出てくる-
職場の教養を朝礼に活用しています。私自身、以前は人前で話すことが苦手だったのですが、毎日の朝礼で倫理について話すことで、次第に話すことに抵抗がなくなりました。
また、私たちの業務は「食品を扱う」という安全・安心に対しての責任がついてまいります。
お客さまに対して喜んでいただけ、安全と安心を届けるんだという事を倫理と結び付けて話すうちに、従業員の行動にも変化がみえてきました。
私たちの業務は“絶対にお昼には届ける”という責任がありますので、早朝から午前中にかけて順次従業員が出社します。
全従業員が揃っての朝礼ではなく、4~5人の小集団で職場の教養を活用し、お客さまとの信頼関係を築いています。 

 

倫理法人会で学ぼうとしている 経営者のみなさんへのアドバイス

―長年に亘って培った信頼は、一日でなくなる―
私は正直で嘘をつかないことが、信頼へ繋がるのだと考えています。
これは倫理に精通しているのだと日々思っています。できない事は正直に断ることが大切だと思います。

生産能力や品質管理などが出来ていない状態で、欲を出して仕事を受注すると、後で大きなしっぺ返しが起こります。そうなると、これまで培ってきた信頼関係は一挙になくなってしまいます。
地道に出来ることを真面目に努力して、お客さまに喜ばれる仕事をしていただきたく思います。

 

今後のビジョン

―次代へバトンを繋ぐため 私が今できること―
娘が常務として一緒に働いています。今後の事業の方向性について語り合える関係にありますので、彼女がやりたいことをサポートしていければと思っています。
幼稚園・学校給食もそうですが、食を通して人のお役にたてる仕事は何か、常に考えてここまで来ましたので、その気持ちを伝えていきたいと思います。
もちろん3S活動を基本としたISO22000による安全・安心を徹底していくことで、会社としてのリスク管理等は必須ですが、人としてどう成長し続けるか、会社として喜ばれる仕事は何か、現状にとどまることなく歩んでいきたいと思います。

 

【取材 八尾市理法人会 広報委員 福山 耕治、近藤よしみ】
【カメラマン 枚方交野倫理法人会 写真スタジオハート 上田哲也】

ガラガラ~と引き戸を開けた瞬間に「いらっしゃいませ」と従業員の皆さまが一斉に立ち上がり、にこやかに、おじぎしてご挨拶くださいました。
奥からは同時に大きな声で挨拶される小林社長。この瞬間から、「良い会社に違いない」そう感じました。

フレックスタイム制のため、毎日何度も開催される朝礼に、できる限り参加されるという小林社長。従業員の事をお話される様子は、とても温かく、帰り際「嬉しいなぁ嬉しいなぁ、毎月送られてくる、なにわニュースに載るのか! ありがとう」と、純粋に喜びいっぱいの様子は、うそなく正直その物!

従業員さんと社長の笑顔、高い環境意識など、全てが美しく見え、世の中にこのような会社が沢山できるといいなと、心から思い感じさせて頂いた時間でした。
ありがとうございます。

【小林成禎 氏の所属単会 → 八尾市倫理法人会