南海ケータリングサービス株式会社 代表取締役社長 榮本信子氏にインタビューしました。

社名:南海ケータリングサービス株式会社
設立:平成元年11月1日
役職:代表取締役社長
住所:大阪府高石市取石5丁目2-40
URL:http://www.nankai-cs.co.jp/

事業内容
出張宴会パーティー、仕出し弁当、イベントの総合企画、その他ケータリング事業全般、弁当宅配事業ご馳走屋惣兵衛。
ハラール認証を取得するなど食材に徹底的に配慮し、宗教や主義などに対応したケータリングサービスが可能。

 

会社の誕生

弊社は、株式会社南海グリルのケータリングサービス部門として、レストランの中で対応できない出張宴会業を暖簾分けしてもらう形で平成元年にスタートしました。
現在は、完全に独自資本で展開させていただき、さまざまな企業様とお取り引きをしております。
もちろん株式会社南海グリルとは、今でもいいお付き合いをさせていただいております。
創業時は夫が代表で、私は経理面からのサポートを行っていました。しかし、2008年に夫が急逝したため、私が引き継ぐことになりました。
右も左もわからない所からの再出発でしたが、多くの皆様に支えられ、今年2018年に会社は30年目を迎えられました。
業績もずっと黒字決算を続けさせていただいており、本当に感謝しかありません。

弊社は宴会・慶事・パーティーなどのケータリングをメインとする、店舗を持たない飲食業です。
セントラルキッチンでコックが料理をつくり、お客様の元へお届けします。
強みはフルオーダーであること。メニューは、コースのように決まったものはなく、全てお打ち合わせで、ご要望に応じて作成します。
そして料理を届けるだけでなく、配膳やテーブルの設置はもちろんのこと、コンパニオンや司会者の手配、会場の演出まで、パーティーの全てをお手伝いさせていただきます。
パーティーなどの手配は、屋内外を問わず、準備をさせていただけますし、ご依頼があれば、対応可能な限りどこへでも行かせていただいております。
インターネット全盛の時代にあり、対面で細かな打ち合わせ行うアナログな方法は珍しいと思いますが、それが夫の代から守ってきた信念であり、他社との差別化になっていると思います。また、最近では、ハラール認証を取得するなど、宗教や考え方などに応じたお食事の提供に努めており、さまざまな方に対応できるようしております。

入会のきっかけ

夫から会社を引き継いでから、経営について勉強をしたいとの思いが強くあり、女性経営者の会などに参加していました。
そんな中、株式会社南海グリルの代表も倫理法人会に入会されていると伺い興味を持ちました。
そして会員紹介を拝見すると、本当に名だたる企業の代表が参加されていることに驚き、このような会に参加することが重要だと感じたのです。
そこから、モーニングセミナーに飛び込みで参加させていただき、すぐに入会しました。

 

転機となるような学びは? 倫理に入会してよかったことは?

倫理法人会に入会して良かったことは多々ありますが、その中でも一番は「職場の教養」です。
毎朝の朝礼の最後に、その日の担当者が先頭になって全員で音読しています。
あの本から感じることや響くことは、その日の心境によって一人ひとり違うと思いますが、間違いなく、従業員全員がなんらかの気づきを得ていると思います。
結果的に、それぞれの仕事へのモチベーションが確実に高まっていますし、それに伴い、社内の雰囲気もいっそう明るくなりました。
モーニングセミナーもよく参加し、行くたびに新たな発見や再確認できることがあります。
いつも「今日も参加して良かった」と思って、気持ちを引き締めて仕事に臨むことができるのも魅力です。

 

倫理法人会で学ぼうとしている 経営者のみなさんへのアドバイス

倫理法人会の一番の特徴は、経営者の集まりということです。
だからこそ、経営者にしかわからない思いや、経営者だからこその悩みを共有でき、壁を乗り越えるための解決策を得ることができます。
教えや考え方も、自分の心に落とし込みやすい環境なのです。
ぜひ一度モーニングセミナーに参加して、倫理法人会の熱を感じてみてください!

 

今後のビジョン

私たちが「今回はありがとうございました」と感謝を述べると、お客様も「ありがとう。美味しかったよ」と「ありがとう」で返してくださる。
それが本当にありがたいと感じます。

ある会社様は、社屋を新しくするたびに「南海ケータリングサービスさんに頼むとゲンがいいから」とパーティーをご依頼いただけてもいます。
そんな風に、お客様からも「ありがとう」と言っていただけるサービスをこれからも徹底していきたいと思います。

 

【取材 株式会社アワード 宮脇茂雄/堺市北区倫理法人会】
【カメラマン 株式会社Photostudio S 杉谷昌彦/堺市北区倫理法人会】

夫との永別という深い悲しみの中、会社を引き継いだ榮本代表。
「お客様や取引業者の方々に迷惑をかけぬよう、わからない部分は、頭を下げてでも教えてもらいました」と笑顔で振り返えられていたのが印象的でした。
そんな風に、人のために尽くすことで、自然と縁が育まれ、会社も発展していく。そのことを改めて勉強させていただきました。本当にありがとうございました。

【榮本信子 氏の所属単会 → 堺市北区倫理法人会