株式会社 五大 代表取締役 前田五大氏にインタビューしました。

社名:株式会社 五大
設立:平成29年11月1日
役職:代表取締役 前田五大
住所:堺市堺区大町東1-1-2 ATOMIC BLD 6F
HP :https://www.atlas-godai.co.jp/

事業内容
経営理念【働きやすい社会を創る】
弊社は就労継続支援B型という障がい者の就労支援事業を行っております。
この事業の役割は大きく2つあります。

① 日中活動の場としての居場所作り
② 一般就労へ向けての就労訓練の提供

施設では軽作業や様々な業務を企業様から頂いて行っております。
近年は全国的に障がい者施設での賃金向上の課題があり、私達も日々奮闘しております。
更に私達は施設利用者様の技術向上ではなく、主に在り方や考え方を身に付けていただくことに注力しております。なぜなら、施設利用者様の多くは人間関係に課題を持っている方が多く、いくら優れた技術を持っていたとしても、就労先で人間関係が原因で挫折してしまうことが圧倒的に多いからです。これは健常者でも同じことが言えると感じています。

私たちが考える就労継続支援B型事業の役割は、自己肯定感を高め、他を許す心のゆとりを持ち、得意な仕事や自分にできる仕事を認識したうえで納税者として社会に送り出すことです。

会社の誕生

前職の時にお世話になっていた専務の甥との出会いがきっかけです。
専務の甥は中途入社でした、彼は誰も認識していなかったがアスペルガー症候群でした。
世の中に困っている人がたくさんいることを知り、独学で人財育成のようなものを彼に7年間行っていくことになりました。
その結果、大きく変化したことに感動し、多くの人に関わってみたいと感じたところから、先輩のすすめやサポートを受けて起業に至りました。

入会のきっかけ

タウン誌を探していた時に、ニワダニネットワーク株式会社のHPに雰囲気の良い社長さんが載っていたのでここにしようと思い、連絡を入れ打合せに来て頂いた高橋さんから紹介いただきました。
初めてモーニングセミナーに参加した時の講話が大阪府の元会長の田畑さんでした。
田畑さんの考え方に共感し入会を決めたんですが、諸事情ありその3カ月後に入会しました。

転機となるような学びは?入会してよかったことは?

辻本加平さんとの出会いが一番大きいです。
辻本さんからの最初の学びは『教えを乞いなさい』自分の立場をわきまえて人と接すること。
そして、『多くの助けてくれる人を探す』事を成し遂げるには仲間が必要。
その他にも、自分のビジョンを描かせてくれたり、たくさんの学びや経験を頂いております。
    
たくさんの縁を繋いでいただける、たくさんの方々と出会えたことに感謝しています。
倫理に入ってよかったです。

倫理法人会で学ぼうとしている 経営者のみなさんへのアドバイス

小才は縁に逢って縁に気付かず

中才は縁に逢って縁を活かさず

大才は袖触れ合う他生の縁もこれを活かす

今後のビジョン

現在の事業で構築したノウハウを基盤に10年後に人財育成事業を始動させます。私の考えでは自己肯定感の高い組織は生産効率が高く離職率が低いので多くの利益確保が可能になる。
そして、教育機関や企業へ人財育成を提供し、しっかりと自分を持った社会人を育てることで、日本の成長に繋がると考えています。
ただ、私達だけでは到底実現しきれない目標です、皆様のご協力なくして実現はありえませんので、これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

【取材 実行委員 吉田知子・若宮麻友香/堺市倫理法人会】
【カメラマン 株式会社PhotostudioS 杉谷昌彦/堺市北区倫理法人会】

一言で言うと熱い社長です!!
広くは事業を通じた社会貢献!「多くの人の助けになりたい」熱い思いがガンガン伝わって来ました。倫理に入会されたきっかけ、企業に至る迄の経緯は、一つ一つ紐解いていくとまるで、そこに使命を帯びている様で出会うべき人との出会いや学びがありました。
お話をお伺いし、社長の努力を惜しまない姿勢、謙虚な心、素直な人柄が感じられ、増々、事業に邁進される事を確信しました。
12月には講話もされるという事で本誌では掲載されていないエピソードもあるかと思いますので楽しみです。
取材者/堺市倫理法人会/実行委員/住友生命保険相互会社/吉田知子

先輩のすすめやサポートを受けて起業されたと、前田さん。自分が頑張ったから!と言わない所が謙虚で素敵だと感じました。
「多くの助けてくれる人を探す、事を成し遂げるには仲間が必要。」という学びが有ったとのことでした。
前田さんのインタビューからも、日頃、倫理の先輩方から聞かせていただく倫理指導などの経験談からも、一度は気づき、実践・体験したことでも、月日が経つにつれ薄れ、立ち止まったり、停滞してしまったりする。
そこからまた気づきに繋げて、更に実践して行くことの繰り返しが大切なのかなと、まだまだ未熟な私ですが感じました。
取材者/堺市倫理法人会/実行委員/208企画/若宮麻友香

【前田五大 氏の所属単会 → 堺市倫理法人会