竹内ホールディングス株式会社 安間 麻左志氏にインタビューしました。

社名:竹内ホールディングス株式会社
設立:昭和25年
役職:取締役 安間麻左志
住所:滋賀県湖南市石部中央1-6-5

持株会社、小売業、飲食業、福祉事業、人材派遣、投資事業

会社の誕生

元々は滋賀県の日本酒を製造するメーカーでした。
今から20年程前から現在の7代目社長が日本人の日本酒離れを懸念して多角経営に取り組みました。 

現在はコンビニエンスストア、カフェ、レストランなどの
フランチャイズ事業デイサービス人材派遣業業
日本酒製造と平行して展開しています。

入会のきっかけ

山本一会長のお誘いです。
フランチャイズ事業の看板を作ってもらった時
出会いました。

転機となるような学び

両親を感謝する気持ちが大きくなった

早起きをすることにより、健康になった

社員の愚痴を発することが減った

倫理法人会で学ぼうとしている 経営者のみなさんへのアドバイス

入会して2年ですが、入会前と比べ
業績が上がった事倫友ができました。

そしてメンタル的に強くなりました。

今後の会社のビジョン

現状に満足することなく、10年20年の先を見据えて
何事にもチャレンジしたいです。

【取材 杉谷 昌彦 広報委員 / 堺市倫理法人会】

安間さんはいつもモーニングセミナーでニコニコしていらっしゃる印象です。
創業100年以上の7代目の社長の右腕を24年以上されているとの事なのでその人柄がかわれているのではないかと思います。
また新たな産業に飛び込んで挑戦していく姿勢も素晴らしいと思いますした。