千里ハウジング株式会社 貝本 年正氏にインタビューしました。

社名:千里ハウジング株式会社
設立:昭和40年10月6日
住所:大阪府高槻市富田町1丁目4番20号
URL:http://senrihousing.com/
役職:代表取締役会長
名前:貝本 年正

総合建築工事業
店舗内装工事業
土木工事業
建築設計・申請業務
不動産の売買・仲介・管理業務・賃貸・サブリース

 

会社の誕生

昭和53年1月に31才で「千里ハウジング株式会社」に入社しました。

前職の繊維関係の仕事から、全く異業種となる建築関係に転職という事で最初は分からないことばかりでした。

そんな状況でも会社の業績が芳しくない事は明白で、さらに会社の体制も不安定で、このままでは倒産してしまうと使命感を持ち、
何とかして会社を再建したいという想いから
3代目の社長となる事を決意しました。

借金や手形で大変な事ばかりでしたが、全速力で駆け抜けた結果、50周年という大きな節目を迎えられる会社になることができました。

入会のきっかけ

32年ほど前に、茨木東ロータリークラブに在籍している際に、様々な団体へのお声がけを頂きました。

その中で吟味し、色々な人からの口コミを聞いた結果、
倫理法人会こそ本物だと感じ入会を決めました。

その判断は今でも間違いじゃなかったと思っております。

転機となるような学びは? 
倫理に入会してよかったことは?

何度も苦しいことがありましたが、
「今日の道しるべ」「職場の教養」には
その度に助けられました。

「今日の道しるべ」は入会当初からデスクの横に吊るし、毎日の言葉を大事にして仕事に取り組みました。
もちろん今でもデスクのすぐ傍で使わせて頂いております。

また「職場の教養」もずっと愛読しており、4年ほど前からは会社の毎朝の活力朝礼を実施しています。
大阪府倫法人会主催の朝礼コンテストにも出場しており、様々な会員さんの見学に来て頂く事もあり、今後も続けていきたいと考えています。

倫理に入って良かったですか?その理由は?

入会以来、MSには参加できておりませんでしたが、ミートモリタ屋の吉岡監査に5年ほど前に誘われた事をきっかけにMSに参加し始め、現在の松田会長を普及することになりました。

高槻市倫理法人会の躍進を引っ張る人物を普及した事が、私の自単会での一番の誇りです。

若い方々に頑張って欲しいので、もうあまり前に出るつもりは無かったのですが、自分をきっかけに出航した松田丸の任期の間は、老体にムチを入れて一緒に走っていきます。(笑)

倫理法人会で学ぼうとしている 経営者のみなさんへのアドバイス

何事も一生懸命することは重要ですが、仕事は
知識や経験だけでは全ては上手くいくわけではありません

経営は仕事に関する事だけでなく、日程や時間を守る倫理観が非常に重要な要素だと思います。

そして常に学び続けることが大事だと感じています。

私も70才となりましたが、まだまだこれからも一生勉強で、年明けの富士研にも初めて行く予定です。

是非、これからも多くの方々と共に学んで行きたいと思っております。

 

今後の会社のビジョン

地元の地域に根ざした会社として、地域社会に貢献し、地域と共に成長し、お客様のニーズに対して「誠実」に即応することをモットーに、質の高いサービスをさせて頂きたい。

世の中は常に変化しており、30年前と今では売上・利益を積み上げる内容は全く異なります。

時代のニーズに合わせて会社も変化し、
建築会社ですが建築だけじゃない、地元の皆様から何でも相談されてそれを解決できるようなコンサルティング会社であり続けます。

自分の仕事は後回しでも、周りのお世話をすることで種を蒔き続け地力を高めていき、未来永劫存続できる会社となれるように、今後も倫理を学び続けていきます。

【取材 平野雅也 広報委員/高槻市倫理法人会】
【カメラマン 株式会社Photostudio S 杉谷 昌彦/堺市北区倫理法人会】

入会当初から可愛がって頂いており、講話や食事等で色々な話しを聞いていましたが、じっくりインタビューさせて頂く事で初めて聞く内容が一杯で、多くの気づきを得れました。
地域社会を非常に重要視されており、一緒に会社付近の商店街を少し歩くだけでも、すれ違う地元の方々との挨拶と会話のやり取りで、貝本さんがどれほど地域の方々に愛され、どれほど貝本さんが地域を大事にしているかを実感できました。
自分のような若輩者にも、常に謙虚で丁寧な対応をして頂いており、非常に勉強になります。
これからも色々と勉強させて下さい。
お忙しい中でご対応頂きありがとうございました。

【貝本年正氏の所属単会 → 高槻市倫理法人会