有限会社スワンクリーニング 代表取締役 藤原優里氏にインタビューしました。

社名:有限会社スワンクリーニング
設立:1965年
役職:代表取締役 藤原 優里
住所:大阪府茨木市下穂積2-6-17
URL:http://www.swancleaning.co.jp/shop.htm#servicejob3

事業内容
メインは一般衣料のクリーニングですが、クリニック様や法人様のユニフォームクリーニングもしております。

 

会社の誕生

私が14歳の時に創業者の父が突然の病気で他界したため、当時は1店舗だったこともあり母に一旦引き継いでもらいましたが、中学生の私も高校卒業までは学校が終わると飛んで帰って店を手伝っていた毎日でした。
そして、高校卒業を機に入社し、25才の時に経営(当時は、本店の1店舗のみでしたが)を引き継ぎました。

入会のきっかけ

高槻市倫理法人会の前会長の土居さんとの仕事の取引が始まる直前に、「倫理法人会に入ってくれへんか?」と誘われ、さすがに断ると取引開始に影響が出るのではないか?との打算が働いて、すぐ入会させていただきました(笑)

 

転機となるような学びは? 倫理に入会してよかったことは?

従来は連絡事項のみの朝礼で、一日中しゃべることもないような殺伐とした会社雰囲気が、会社に朝礼を取り入れることであいさつやコミュニケーションが高まり、社内の空気がすごくよくなりました。ただ、それは、入会4年目のことでした。

 

倫理法人会で学ぼうとしている 経営者のみなさんへのアドバイス

頭で理解、納得するより前に実行してみる。
なんでこんなことをせやなあかんねやろ?変だな?って思っても、まずはだまされても損はしないので、やってみてほしい。

積極的にモーニングセミナーやナイトセミナーに参加すると、倫友(倫理法人会の友人)が増えますし、また、継続するとより信頼され、倫理法人会の各種の役割担当が回ってきます。
この役割を担当することで信頼感が増し、また友人が増える、依頼があるといういいループが回りだします。だまされたと思って、ぜひモーニングセミナーに参加してくださいね。

 

今後のビジョン

仕事を引き継いで25年。倫理に入る直前の20年間で7店舗まで増やすことができましたが、倫理に入ってからの4年であっという間にもう7店舗増え、倍の14店舗になりました。

夢は、4年ごとに倍々ゲームで、還暦となる次の戌年までにはズバリ100店舗を達成し、クリーニング業界に恩返しをしたいです。

 

【取材 福嶋保雄/高槻市倫理法人会 実行委員】
【カメラマン スタジオハート 上田哲也/枚方・交野倫理法人会】

会社を引き継いでから様々なご苦労の積み重ねた上で、倫理で一皮、二皮むけた藤原優里さん。
逃げることなく次々と役職を担当され、今では高槻市倫理法人会の副会長に加え、茨木市分封準備委員長まで。
店舗も倍々ゲームで増やしていきたいと、すべてを前向きにとらえ活動に変えていく新たなリーダから目が離せません。

【藤原優里 氏の所属単会 → 高槻市倫理法人会