トレーニングセンター・ザ・ハート高槻 代表社員 日原和美氏にインタビューしました。

社名:トレーニングセンター・ザ・ハート高槻
設立:2016年4月
役職:代表社員 日原和美
住所:高槻市高槻町14−3マツモト高槻ビル2階
URL:https://www.theheart.jp

事業内容
プロ野球4球団でも導入されているマシンと、オリジナルの「やまおく体操」をベースとした、神経と筋肉の調和を整えるトレーニングの指導と、「おいしい、かんたん、キレイ」のオリジナル発酵味噌を使った味噌汁ファスティング指導をメインに行うフィットネスジム。

 

会社の誕生

自分自身が長年悩んでいた慢性のひどい肩こりから救ってくれた、プロ野球4球団でも導入されているお気に入りのマシンと「やまおく体操」をもっとたくさんの人に伝えたい、ツラい慢性の肩こりや体の不調で悩む人を救って、笑顔になってもらいたい、そんな想いでフィットネスジムを開業しました。

また、併せて、トレーニングで体の外側から鍛えるだけではなく、体の内側からも整えることの重要性も感じ、腸セラピストの資格を取得、腸内環境を整えながら、健康的にゆるくダイエットできる「味噌汁ファスティング」指導も行なっています。

入会のきっかけ

前職の会社を退社して、開業準備中に右脳を活性化したいと思い、習っていた速読スクール「楽読」の先生から茨木の楽読スクールのオーナー・マーク中島さんを紹介されて、MSに参加したのがきっかけでした。
朝から歌を歌ったり、輪読したり、正直 引きましたが、高槻市倫理法人会の活力あふれる明るいエネルギーに魅力を感じて、入会しました。

 

転機となるような学びは? 倫理に入会してよかったことは?

両親やご先祖様に感謝する、つながる、ということを深く学びました。

今思えば、両親への感謝の氣持ち、倫理で学ぶまではほとんど表現したことがなかったと思います。
松本真志元近畿方面長からの倫理指導「両親に毎日 ハガキを書く」津々木昭子法人アドバイザーからの倫理指導「両親の写真を飾り、朝晩 両親、ご先祖様に感謝をする」など、日々倫理実践を続けています。

実は現在行なっている味噌汁ファスティング事業の発酵味噌に出会ったきっかけは、両親へのハガキでした。
当時毎日のハガキのネタに困っていた私は、「腸内環境を整えるために味噌汁を毎日飲んでね」としつこく書いていました。
現在扱っている発酵味噌は、もともと私の甥の知人が製造したもので、当時 扱い先を探していたそうです。そこへ私が「味噌」「味噌」と毎日のようにハガキに書いていたことがきっかけになり、私のところに発酵味噌が送られてきたのです。
このファスティング用発酵味噌との出会いも倫理指導のおかげだと思っていて、倫理に出会えたことに感謝しています。

 

倫理法人会で学ぼうとしている 経営者のみなさんへのアドバイス

心を磨く、そんな場として、私自身が勉強させていただいています。倫理の学びとして、津々木昭子法人アドバイザーから倫理指導でいただいた「道具(トレーニングマシン)を心を込めて手入れする」「心を込めてお客さまの話に耳を傾ける」を日々実践しています。
経営者が何かアドバイスを受けようとするとハードルが高い場合が多いのですが、論理指導は何度でも無料で受けられて、しかも深い氣づきも得られる貴重な機会だと思います。

皆さんもぜひ積極的に受けていただいて、倫理実践をしていただくと良いと思います。

 

今後のビジョン

カラダとココロを健やかに整えて、いつも笑顔に、をモットーにまだまだ関西では認知されていない「やまおく体操」の普及と、味噌汁ファスティング事業は全国展開、海外展開を目指しています。
人生100年時代に向けて、「やまおく体操」でいつまでも元氣に歩ける体づくりのサポートを

一方、戦後の食の欧米化、肉食化さらにはコンビニ化、ファストフード化により乱れてしまった腸内環境を整えることができる「味噌汁ファスティング」をさらに普及させて、味噌で日本を腸から元気にしていきたいと思っています!!

 

【取材 福嶋保雄/高槻市倫理法人会 実行委員】
【カメラマン スタジオハート 上田哲也/枚方・交野倫理法人会】

モーニングセミナーで講師が笑ってほしいポイント外さず、笑い声で場を盛り上げてくれている日原さん。
倫理指導を受けどんどん進化され、今では倫理指導の経験をみんなに伝えたい!みんなも倫理指導を受けてもらいたい!という強い想いがあふれています。
これからの単会を引っ張っていく中で、どのような大きな成長をされるのか、これからがより一層楽しみです。

【日原和美 氏の所属単会 → 高槻市倫理法人会