コシマ株式会社 代表取締役 山﨑泰嗣氏にインタビューしました。

社名:コシマ株式会社
設立:昭和56年4月1日
役職:代表取締役 山﨑泰嗣
住所:守口市京阪北本通1-20-106
HP :http://www.koshima.co.jp

事業内容
一般建築・商業施設の企画・設計・施工およびそれらに関連して不動産取引(売買・賃貸・仲介等)を中心に業務を行っています。
近年ではコンビニエンスストア、ドラッグストア、飲食店等の新店舗建設や工場の建築、またそこに収める什器の販売などを数多く手がけています。

会社の誕生

昭和46年、オフィスや応接室の内装工事や什器販売を行う個人事業としてスタートしました。
顧客の多くが法人で、応接室や社長室などを手がけていく内に、内装だけではなく建物ごと任せたいというお話をいただくようになりました。
それに応えるべく建築全般を請け負うようになり、それに関連する不動産業など事業を拡大し今日に至っています。

入会のきっかけ

寝屋川市倫理法人会・元会長の土居正明氏の紹介です。会社経営が苦しい時期に工場建設の注文をいただき、多額の前受金までいただいたことで事業を立て直すことができました。その恩人に勧められたのですから断るわけにいかずすぐに入会しました。
もともと経営者団体には興味があったのですが事業が忙しくてどこにも所属していませんでしたが、息子二人の入社を含め事業が少し落ち着きはじめたので、時期的にも良かったと思います。

転機となるような学びは?入会してよかったことは?

以前より大きな声が出るようになったと言われます。朝早く起きるようになり健康になりました。
人の話を素直に聞くことができるようになりました。
祖先を敬う、墓参りに行くという教えを実践し、毎朝お経を唱えています。毎月夫婦そろって両家のお墓参りをするようになりました。
お墓参りの後には食事をするなど夫婦が一緒にいる機会が増え、夫婦仲もさらに良くなっています。

倫理法人会で学ぼうとしている 経営者のみなさんへのアドバイス

人をだますようなこと、商売で嘘をつくこと、これは絶対にやってはいけない。
子供に事業を継がせたいのなら、子供に「経営者はすごい、経営者は儲かる」と思わせるような行動を多少無理をしてでもとりましょう。

今後のビジョン

現在、九州は鹿児島から東北は仙台あたりまで仕事があります。受けた依頼をできるだけ断ることの無いよう、各地の協力業者との連携を強化したいと考えています。
また人員を10名ほど増やし、今より大きなところにオフィスを移転したいと思っています。仕事は全国に渡りますが、あくまで関西を拠点とするつもりで考えています。

【取材 幹事 中司総一郎/寝屋川市倫理法人会】
【カメラマン スタジオハート 上田哲也/枚方・交野倫理法人会】

跡継ぎがいないと嘆いておられる経営者が多い中、ご子息二人が会社に入っていらっしゃいます。長男である現社長への事業承継は2年前。「今後のビジョン」を伺ったときに大変力強く自信に満ちた話をいただきました。今は仕事が楽しくて仕方ないといったようにお見受けしました。
倫理法人会でいつもニコニコされている会長は、会社でもにこやかにはなしをされていました。途中会長の奥様にも同席いただいてお話を伺いましたが、倫理に入会してよかったと言っていただきました。
“私が何度言ってもダメだった墓参りに行くようになったし、人の話を素直に聞くようになりました。私の話は聞いてくれませんが”
ぜひ会長には「奥さんの言うことにすべてハイ!」の実践に取り組まれてはいかがでしょうか(笑)

【山﨑泰嗣 氏の所属単会 → 寝屋川市倫理法人会