有限会社 マリベルテ弐壱 西浦 正宏氏にインタビューしました。

社名:有限会社マリベルテ弐壱
設立:1999年12月
住所:京都府八幡市橋本狩尾1番地の342
役職:代表取締役    
名前:西浦 正宏

事業内容
楽天生命保険(株)代理店
コーヒーエネマ(浣腸)扱い

 

会社の誕生

若い頃、十数年はサラリーマンをしていまして、テキスタイルの会社です。

京都本社でしたが、お客のほとんどが東京だったので年間の200日以上は出張していました。
『ノルマはあっても寝る間は無い』はその頃からのギャグです^^。

その後楽天生命に関わり30年近く経過しております。
17年前に法人設立いたしました。
当初は売り上げ詐欺(?)にあうなど、大変な思いもしましたが今順調にやってます。

会社名の「マリベルテ」はフランス語の「マイ・リバティ(My-Liberty)」私の自由」という意味で、サラリーマン時代がキツかったので「俺の自由にやったる!」という思いでつけました。
非倫理的ですが(笑)。

「弐壱」は「に・いち」と読みますが、21世紀に突入し当時の税理士さんに「漢数字にせい」と言われました

 

入会のきっかけ

2014年末、天王寺区幹事の蔵田英子さんのお誘いで、七田チャイルドアカデミー藤山社長のナイトセミナーに伺ったのがきっかけです。

その時の内容「ナポレオンヒル」のお話や風水関連の資料に感銘しました。

そのあと懇親会で盛り上がったのも印象大きかったです。
初回MSでもぐっと来ましたが、一週間だけ考えさせてもらって、次週には入会させていただきました。

 

転機となるような学びは? 
倫理に入会してよかったことは?

やっぱり倫理指導ですね。林 輝一先生の。

今でも印象に残っているお言葉が、
・「わがままを取り去るのが倫理やよ」
・「お父さんに泣いて詫びろ!」
・「嫁さんには何でも相談せなあかん」

などですが、それらを実践しましたら、下の息子が結婚しまして。

もう1つの転機はやはり「富士研」ですね!!

全国から集まった同志と時を共有し行動を共にしたことでまさに「わがままを取り去る」るこができたと思います。

 

倫理法人会で学ぼうとしている 経営者のみなさんへのアドバイス

私自身、(入会という)肚が決まるまで一週間かかりました。

「やる以上はMS 52週全部出よう」と決めたかったからです。
「決めたからにはやり抜く」と決めたら出来ました!

自分との約束、習慣づけ、が大事かと思います。(これって倫理的でしょ^^)

あと、みなさんが持ってる、倫理の「名刺」が欲しかった。
そのためにも「早く倫理にどっぷり浸かろう」と思いました。

その結果当時の仲村枝見子会長、岩佐専任幹事がとても好きになって、「二人を支えるぞ!」という思いに燃えました。

 

今後のビジョン

今でも倫理9割の生活をしてまして(笑)とても満足してます。

その生活を3年間、ですからまだまだ頑張るつもりですが、倫理を頑張ると会社の活動にも良い影響が出てるように思います。

 

【取材 塩崎計吉 幹事/大阪天王寺区倫理法人会】
【カメラマン  写真スタジオ ハート 上田 哲也/枚方・交野倫理法人会 】

いつも元気な「天王寺のふなっしー」こと西浦専任幹事は、自他共に認める超がんばりやさん。
笑顔の裏には沢山のご苦労もあったのですね。
間違いなく今の天王寺の発展の原動力! これからも「よろしくなっしー」です^^!

【西浦 正宏氏の所属単会 → 大阪天王寺区倫理法人会