株式会社KIYOMI 営業部長 北村明氏にインタビューしました。

社名:株式会社KIYOMI
設立:2017年3月1日
役職:営業部長 北村 明
住所:寝屋川市小路南町20-8
URL:http://kiyomi-inc.jp/

事業内容
平成30年4月2日に就労継続支援B型事業所 [就労支援センターきのこ]をオープン
「仕事したい」「仲間を作りたい」「社会とつながりたい」「自分を変えたい」
そんな思いを持たれている障がい者の方々の力になり、一緒に新しい一歩を踏み出すお手伝いをしています。
「就労支援センターきのこ」という名の通り、ビニールハウスでの菌床しいたけ栽培を行い、障がい者の方々に栽培・収穫・梱包・出荷・販売とその方にあったお仕事をして頂いてます。

 

会社の誕生

私は大学卒業後28年間証券マンとして会社勤めをし、その間様様な困難に直面してきましたが、その壁を乗り越える事が出来たのは周りの人が助けてくれたからです。
違う形になりますが人の助けになりたいと福祉の世界に飛び込みました。
4年余りしたときに現在の株式会社KIYOMIの社長と出会い、同じような気持ちを持たれており、一緒に事業を始めませんかと言われ、「分かりました。頑張らせていただきます」を返事し同じ考えを持ったほか2名、計4名で会社をスタートしました。

入会のきっかけ

社長に誘われ、ナイトセミナーに参加しその後「北村さん、入会して勉強してみませんか」と言われ、入会させてもらいました。

 

転機となるような学びは? 倫理に入会してよかったことは?

当たり前だと思って過ごしていたことへの有難さを気付かせて貰いました。

 

倫理法人会で学ぼうとしている 経営者のみなさんへのアドバイス

まずはモーニングセミナーやナイトセミナーに参加され、講話を聴かれ肌で感じ、耳で聞かれるのが一番だと思います。

 

今後のビジョン

みんなで作った椎茸を国内だけでなく、海外まで多くの人達に食べて頂き、「美味しい」「あの椎茸が食べたい」と言って貰える最高の椎茸を利用者さんへ、スタッフが一丸となって作っていきたい。
そしてその取り組みを通じて仕事への喜び、仲間の大切さを実感して頂ける会社にしていきたいと思います。

 

【取材 栄福三也/寝屋川市倫理法人会 専任幹事】
【カメラマン スタジオハート 上田哲也/枚方・交野倫理法人会】

押し出しの良い北村さん、
前職は証券マンとの事で、倫理に来られる時の背広姿には、とても農業やってられるとは思えませんでした。
寝屋川でキノコ栽培・どんなトコと、興味持って訪れますと、東部に位置し住宅が沢山有る所でした。田んぼ位の大きさにビニールハウスと作業場がピカピカに建っていました。
きのこ栽培の作業説明を聞き、就労支援事業を軌道にのせたいと言う思いを聞きました、倫理も必要と学ばれています。何に対しても真面目な方、応援したくなる人物北村さんでした

【北村明 氏の所属単会 → 寝屋川市倫理法人会