株式会社MERRY BEETLE 代表取締役 志波大輔氏にインタビューしました。

社名:株式会社MERRY BEETLE
設立: 2016年6月17日
役職:代表取締役 志波大輔
住所:大阪府堺市北区北長尾町6-2-9
HP :http://merrybeetle.jp

事業内容
「こどものころカブトムシと出会ったときのようなトキメキをデザインを通して感じてもらうこと、それがMERRY BEETLE(メリービートル)の仕事です。」をコンセプトに、ロゴやパッケージなどのグラフィックデザインを通して、企業さまや商品、サービスをワンランク上のグレードへ導くお手伝いをさせていただいております。

 

会社の誕生

倫理法人会に入会したときはまだ個人事業主でした。
ですが専門学校時代の友人からのSOSを受け、友人をなんとか苦しみから助けたいという思いと、講話をさせていただいた際に当時大阪府の副会長をされていた田畑彰さんに”早く法人にしたほうがいい”とアドバイスを頂戴し、法人化を決意することができました。

まだ見えてもいない不安に怯えて二の足を踏んでいた自分の背中を押していただいたことに感謝です。

入会のきっかけ

入会は2015年でした。東大阪市の元会員、前田正人さんより、「大輔、お前は倫理を学ぶべきや」と言っていただきMSにも行かず入会を決意しました。

今思うとMSに行かなくて正解だったと思います、たぶん当時の僕なら引いてたんじゃないでしょうか。
こんな言い方をすると失礼ですが、前田さんはとても倫理という言葉と結びつかない破天荒な先輩でした(笑)
だからこそそんな先輩が言う倫理とは何なのか?と強く興味を惹かれたことを覚えています。

 

転機となるような学びは?

8月現在まだ未解決ではありますが、婚約破棄が大きな学びですね。
最期の日から現在で半年ほど経ち、やはり自分が至らなかったのだとようやく受け入れることができるようになりました。
先日も倫理指導をしていただき、彼女に今自分ができることを精一杯させていただこうと腹をくくれました。
細かいことは語れませんが、今までの自分の行いがすべて返ってきたのだと思います。

また31年度は東大阪市の専任幹事を拝命しました。
前年度は2年間事務長を、そして専任幹事とお役をいただく中で、眠っていた自信や夢を叶えるんだという希望が溢れでてきました。これがおのずと自身の事業にも反映されてきていることを感じます。
自分の人生を変えてくれた恩に報いるため、会員さんのため、会長のため、歴代会長のため精一杯役に徹し、東大阪の復興に尽力したいと思います!これからの東大阪に乞うご期待ください!

明朗、愛和、喜動、人の喜び我喜びに!
家庭の、会社の、地域の太陽となれるようこれからも学び続けます。

倫理法人会で学ぼうとしている経営者のみなさんにアドバイス

経営者は自社では常にトップです。
それがゆえに見えてない部分も多々ありますが、倫理に入って様々なお役をいただくことで2番手の気持ち、従業員の気持ちになど見えてない部分に気付けるのが倫理法人会の素晴らしいところだと思います。
ほぼ全員経営者ならびに役員クラスという組織をまとめられたら、どんな組織だってまとめられると思いませんか?

「自分は倫理なんて学ばなくて大丈夫」そう思っている方にこそ頭で考えずにまずは参加してみて、空気を感じていただきたいと思います!
僕がまさにそんな自信満々な愚か者でしたので(笑)

東大阪市倫理法人会は底抜けに明るいメンバーが集まっていますよ!

 

今後のビジョン

未来のために何を残せるのか?これを考えることが今を生きる我々の使命です。
そして僕にとって未来とは「こども」です。
そこで、こどもだちにとって最も影響力のあるお母さんがイキイキとしていることが結果的にこどもにも良い影響を与えるのだと考え、ママデザイナーを組織したサービスや、こどものためのソーシャルな活動も展開していきます。

メリービートルの社名にもあるように「カブトムシ」や「クワガタ」の虫捕り体験や自然に触れ合う機会を作って、デジタル社会のさらなる発展で低下するであろう肌感覚や感度、創造力を磨けるようなコンテンツを作っていきたいですね。

 

【取材 副事務長 福岡英明/東大阪市倫理法人会】
【カメラマン スタジオハート 上田哲也/枚方・交野倫理法人会】

仕事場が堺で忙しいにもかかわらず、MSに参加できずともMS朝礼は参加して仕事に戻ったりと東大阪市倫理法人会にとても尽力してくています。
取材ではないと普段なかなか聞けない志波さんの思いが聞けてより倫理法人会の絆が強くなったと思います。

【志波大輔 氏の所属単会 → 東大阪倫理法人会