株式会社伸晃建設 松田 勝也氏にインタビューしました。

社名:株式会社伸晃建設
設立:平成3年1月4日
役職:代表取締役 松田勝也(一級建築士・一級施工管理技士・建築大工一級技能士)
住所:大阪府高槻市唐崎北三丁目25番1号
URL:http://www.shinkou-kensetsu.co.jp/

「人にこたえる住まいづくり」を目指す一級建築士事務所 

リフォーム:お客様が、思い出の詰まったお家にいつまでも住み続けていただくために、伸晃建設は確かな技術と経験に裏付けされた施工技術で、お客様の満足の実現に向けて誠実に対応いたします。
耐震・補強工事:伸晃建設は高槻市を中心に耐震診断・補強工事に積極的に取組んでいます。
お住まいの耐震化についてのご質問・ご相談は伸晃建設までお気軽にお問合せ下さい。
太陽光発電システム:伸晃建設では、CO2を出さず環境にやさしく経済的にも嬉しい太陽光発電システムを積極的に推進しています。

会社の誕生

16歳で社会に飛び出し、定時制高校の建築科に通いながら、大工の見習いとして建築の道が始まりました。
中学を卒業する時、15歳の松田勝也少年の一つの目標は、
23歳で工務店を起業する事だったのです。

大工の下積時代、休みは第一日曜日と第三日曜日の月2回でした。
もちろん丸一日を休んだ事はありません。
定時制高校も卒業しました。

24歳で二級建築士の資格を取得し、目標から一年遅れましたが、起業しました。 
その時に決めた事は
「下請けはしない!
 直接お客様から仕事を頂ける工務店経営をする!!」でした。

入会のきっかけ

3年半前に青年会議所の先輩であり、経営者としても敬愛する貝本氏から電話を頂き、その電話で入会させて頂きました。

今から思えば恐ろしい事をしたものです。(笑)

転機となるような学びはありましたか?
倫理に入会してよかったですか?

対人関係で深く悩んでいました。
毛嫌いするほど嫌っている自分がいました。
顔を見るのも同じ空気を吸うのも嫌なほどで、自分では修復不可能だと決め込んでいた対人関係がある日を境にスーッと消えたのです。
こんな事が起こるんですね。

倫理ってホントに凄い学びだと知りました。

倫理法人会で学ぼうとしている 経営者のみなさんへのアドバイス

「門前の小僧習わぬ経を読む」
「百聞はMSに如かず」

まずはとりあえず、モーニングセミナーに参加してみて下さい。
そして朝早くから元気に集まる経営者の皆さんを見て、交われば、倫理法人会の良さを分かって頂けると思います。

今後の会社のビジョン

やはり顧客第一主義
「お客様に喜んで頂く」
ことの他にはありません。

その目的を達成するにはどうすれば良いのかを、常に突き詰めて考え行動するだけです。
私の目の行き届く範囲の仕事量を崩さないように、これまで通りコツコツ積み上げて行きます。

【取材 平野 雅也 広報委員 / 高槻市倫理法人会】
【カメラマン スタジオハート 上田哲也 / 枚方交野倫理法人会】

初めてこの企画の取材をさせて頂きましたが、非常に充実した時間であっという間に終わってしまいました。
普段の倫理活動では聞けないような、ビジネスの根幹を根掘り葉掘り聞けるのは、この取材の大きな役得だと思います。
会社設立から現在の倫理、そして将来の会社のビジョンまで、松田会長の人間力を深く知ることができて、非常に勉強になりました。 
ありがとうございました。