松岡社長

大好き! 満月ポン 〇

我が家の前の桜通も桜の開花が始まりました。例年より遅めです。
4月1日(土)
本日は、西区倫理法人会のMSで大好きな大阪名物菓子の『満月ポン』の
代表の松岡社長です。

今年で創業59年、三代目の松岡清徳社長は、先代のお父様から受け継いのが11年前。
「兄弟皆で力を合わせてみなで経営してほしい」と言われたのです。

それが苦難の始まりでした。
経営難もあり、
兄弟けんかも絶えない、
来客が止めに入るくらいの激しさ。
従業員も耐満月ポン2えられずやめていく、

そんあ会社の最悪な空気のなかで悶々とする中、
倫理と出会います。6年前のこと。

その後のお話しは、、、
すべて倫理の学びと実践のお話しでした。
すさまじく、素晴らしい、胸が熱くなるお話しでした。

〇愛は、「与える愛」と「受け止める愛」がある。
 人の話や人の心を受け止めているだろうか?と自慢しました。
〇愛は、皮膚から発している。 触れ合うこと。寄り添うこと

ありがとうございます。
-------------------------――――――
話は変わりますが、
わたしは満月ポンが大好きです。

25年前に起業した時に毎日食べていました。
この満月ポンの社長に会えるなんて! うれしいです。

今のビルの下にファミリーマートさんが入っております。
そこには満月ポンが置いていなかったんです。

ある時、オーナーさんに勇気をふるって、
「満月ポンを置いてください!」と言いました。

そしたら、「わかりました」と快く置いてくださいました。
その写真です。(撮影の許可はとりました)(^_^)松岡社長ファミマ満月ポン3

涙をさそう「感動の実践報告!」

3月最終日の今日、

大阪中央区倫理法人会のモーニングセミナーでは、

後継者倫理塾の『第一期生』による実践報告がございました。

 

白井 千雅 さん

浅香 隆一 さん

のお二人15分間づつのスピーチでした。

 

「後継者」に成るための実践はハードでなもので修行です。

 

5か月が経過して、17名の塾生の皆さんが随分と変化し、その過程で気付きも得て、

成長をされて行ってるのが言葉の端々に感じます。

 

特に、ご両親や奥様や家族への感謝や恩意識の高まりは素晴らしいです。

お聴きしていて何度も涙が流れて落ちました。

感動!!!ありがとうございます。

 

後継者倫理塾を開催して本当によかったです!^_^

 

また、上能スーパーバイザーによるご講評にまた感動いたしました。

実践報告の倫理的な観点からの理解を深めることが出来ました。

ご両親への手紙でお父様が涙するところで、ただお父様に喜んでもらえただけでなく、

「お父様、お母様ご両親がまた仲良くなられたのだよ」

と、聴衆のわたし達の気づかないところまで見抜かれているところに驚かされました。

 

後継者塾生の実践報告

ありがとうございました。

 

八尾市倫理法人会IMG_8315

3月28日 八尾市MSにて

八尾市は、高木会長と島田専任幹事のコンビネーションで

さわやかな単会運営をされています。

若い男女の経営者が多く明朗で元気がいい!^_^

本日は、4社の新規の方が参加いただき1社入会宣言をいただきました。

倫理の仲間『倫友』が増えるのはとても嬉しい!!!八尾市倫理法人会IMG_8315

満員御礼!^_^

 

訪心記④

こんにちは!

 

先週は、大阪みなとから始まって西区でした。

 

「大阪みなと」での日本電子工業(株)(創業54年)の山之口良子社長のご講話は

お父様から2007年に受け継ぎ苦難の連続だったお話しに感動し、また勉強させていただきました。

 

会社の経営をし、子育てをし、家族のことなどの問題を抱えて苦しんでいた、その上に発癌。

(その時、お娘さんはまだ小学生だった。そのお子さんも今は20歳。会場に来ていました)

 

ガン治療もしながら、さらに不良品を出してしまい全国で改修工事の事件があり、

重ねてリーマンショック。

 

資金は底をつき、完全に行き詰まってしまった。

また、会社全体の売上げを大きく占める西日本の統括責任者の突然の肝臓ガンで病死など

様々な苦難に遭遇する。

 

そんな時に大阪市相談役のチヨンさんに『これが良い』と思ってガンバリなさいと言われ、

倫理と出会うのです。盛和塾と倫理法人会で学んだことを5つにまとめて、

 

全社で「五つの改革」として徹底して行ったのです。

その結果、現在7期連続増収を続けられております。

(詳しい内容は是非ご講話をお聴きください)

 

締めくくりの山之口社長の言葉は、

『事業繁栄の法則は、自分が変わること』

耳慣れた言葉のようですが、大きな苦難を乗り越えた人間の言葉の重みは、

まったく別物として心に響いてきますね!

 

日本電子工業(株) http://www.jei.co.jp/company/

 

 

水曜の千里中央での株式会社芦田(創業45年)の芦田 衛社長のご講話は、

倫理に出会って本当によかったと感じさせていただく内容でした。

 

昨年末から半年間の闘病、その間会社は従業員の皆様が力を合わせて頑張られて、

なんと売上を現状より伸ばされているのです。

 

凄い会社です。

 

その極意は!是非、講話に来てもらいましょう!

株式会社芦田 http://www.ashida-no1.com/message.html

 

「大阪尼崎」での大阪府の上西副会長のご講話と

「西区」での枚岡神社の中東宮司のご講話、

どちらもお書きしたいのです、、、

いずれも素晴らしかったです。

 

入会につながる講師であること間違い無し!!

お勧めです。どしどし、自単会にお招きされてはいかがでしょう!

 

長文になりましたがお読みいただきありがとうございました。

訪心記 ③の追伸

image2

image1

 

天王寺のMSの準備の模様です。

工事用のロープを張って、

机と椅子の縦横十字を真っ直ぐに揃えています。

 

資料までもが真っ直ぐ揃っているのです。

会場の空気が凛としていて気持がイイ❗️(*^_^*)

 

では、また今週1週間よろしくお願いいたします!^_^

訪心記③

こんばんは!

 

今週は、都島に始まり松原で締めくくりました。

 

どの単会も素晴らしい運営をされております!

確実に単会が成長発展している活力と気を会場に入ると全身で感じ取れます。

 

また、

講師の方からの実験・実践の報告はどれも素晴らしいものばかりです!!!

 

その実践は、自分と今と重ねることができ、また自分だったらどうするだろうか、

と気づきや発見が毎回毎回山ほどありますっ!

 

倫理八年目にして、あらためて出会えて良かったっ!と思います。

 

丸山千寿都島区会長のご講話は、

富士研修センターで受講したプログラムでの「恩の遡源(そげん)」の体験発表は、

皆さんの涙を誘いました。(詳しくは、丸山会長を単会に!そして、富士研へ行こうっ!^_^)自信を持ってお勧めしますっ!

 

また、高槻市での藤田真由美さんのご講話は、

「がむしゃら人生を振り返って」と言うタイトルに似つかわしくない可愛いお顔のお嬢さん。^_^

その生い立ちと17歳での出産、そして、離婚から自立。

話が始まって3分経たずに涙、涙、涙、、、

鼻水をすすりながら彼女の幼い頃の話に

「なんでこんな人生があるの? なぜ、こんなに人は苦しまなくちゃいけないの?」

と天国の丸山敏雄先生に問いました。

藤田さんはある会社のトレーナーという役職から現在マネージャーとして活躍されています。

「MSが大好きっ!」という彼女は、

今、松田会長に出会って、仲間に出会って、倫理に出会って学びと実践をして行こうと決意されています。

入会宣言1社!

 

道頓堀も活気がありイイです!

天王寺も入会宣言1社あり。

その方は、医療法人の理事長で、なんとお名前が

「 山田 全一 様 」です。

ちょうど、MSで『全一統体の原理』のお話をさせていただいたのですが、、、

引き寄せっ~~と思いました!

写真の「準備の模様」は天王寺です。キチットされていますねぇ。

 

そして、本日松原の松本方面長のご講話は素晴らしい気付きをいただきました。

なんと入会宣言2社!

思わずハグしてしまいました!(もちろん男性ですよ^_^)

 

以上、長くなりましたがお読みいただきまして

ありがとうございます。

 

また来週お会いしましょう!

 

『100日実践をそして、体験のシェアを』

『倫理指導を重くとらえずに身近なものに』

『常居其全』(じょうきょきぜん)今ここに。今ここがすべて。これが良い!

『顧客もお金も情報も問題も解決策もすべて現場に』

訪心記②

こんばんは!

 

先日、ある単会のMSへ参加した時のことです。

ご講話をされた方は、その単会の役員の方でした。

 

講話の内容は、

ご自分が倫理と出会って成長してきた過程を「分析」されていたところが、

とても興味を惹かれました。お話も誠実そのもので信頼のおける方です。

 

その講話終盤のお話でわたしは「ドキッ」としました。

 

それは、その方が倫理基礎講座(場面は違うかも)の後の食事会に参加されて、

講師の津々木先生の隣に座ってのやり取りです。

 

「最近わたし、親指を怪我しまして、、、。

それに小学生の娘の聴力がだんだん落ちているんです」

と何気ない悩みを打ち分けました。倫理指導というつもりではなかったのです。

 

津々木先生がお答えになられた言葉に驚きました!

 

『○○さん、最近あなたのお父さんに何かあったでしょう!?』

 

「あっそう、そうなんです。最近父は病気で入院したんです。」

 

『それがね、出ているのよ。お父様を大切になさってくださいね』

 

『それと、あなたはあまり奥様のお話を聴かないでしょう』

「うっ」

『奥様との会話を大事にして、奥様の話をしっかり聞いてあげなさい。』

と言われ、

 

「最近、少しずつ妻の話を聴いております。すると娘の聴力低下も進むことなく少し回復しています。」

 

という講話者の方のこのお話に、驚きと感動を覚えました。

 

 

これを受けて、

さっそく わたくし田畑は、ある研究員の方にこの事を尋ねました。(もちろんその講師の方のお名前や環境は伏せて)

 

「それはね、その子は耳をふさいでいるのかもしれません」

と言われました。

 

津々木先生や研究員の方の直観力の凄さに驚かされるのと

倫理の学びの深さと実践の素晴らしさに感動しました。

 

「親子相関の原理」・「心身相関の原理」・「全一統体の原理」

学びはすぐここに。

 

あなたも倫理指導を受けて見られませんか?

 

 

では、明日は津々木先生のMS講話があります。

 

 

さて、もう一点お知らせが。

明日15日第一期生『後継者倫理塾』がスタートいたします。

総勢19名の入塾式が執り行われます。

是非ともご参加ください。無料です。

 

第一期新塾生の初々しい姿を是非ともご覧ください。

そして、来年8月にどのように成長されるかを是非とも生でご覧ください。

お待ちしております。

 

【時 間】午前10時30分から12時15分まで

【場 所】大阪府事務局の隣の『ネクストホテル』にて

 

権藤塾長のご挨拶と

松本方面長のお話もあります。

 

まだお席はあります。

 

こうご期待!!

訪心記

錦秋の候 皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

 

さて、

昨日は大阪市倫理法人会のMSに参加してまいりました。

講師の方のお話が素晴らしかったので記させていただきます。

大阪市倫理法人会 会員

アキツ工業株式会社

代表取締役  松原 真紀  社長 (小柄なおしとやかな感じですが、明るく芯は強く優しい女性経営者です)

 

タイトル【職場の教養を取り入れて】

 

(辻尾朝礼委員長が聴いたら感激して涙を流しそうなテーマですね!^_^)

 

松原真紀社長のお父様は「娘たち3人にちゃんとした教育を受けさせるには、今の給料では足りない。独立をしよう」ということで、

トロフィーや盾やバッヂを作る工場を大和川沿いにプレハブの小さな工場をつくりました。

 

45年ほど前、折りしもボウリングのブームに乗りトロフィーが飛ぶように売れたそうです。

 

あまりの忙しさにお母さんも仕事に駆り出され、ご両親の帰宅は夜中。

小学生3姉妹は、置いてくれているお金でスーパーに行き食べ物を買って食べる生活。一家団欒の家庭を味わったことがないと。

(どこが教育?親の背中を見せるといってもほどがあると思いました)

 

工場はどんどん大きくなり、お家も建ち、姉妹それぞれちゃんと教育を受け学校を出て、結婚もして巣立っていきました。

 

相変わらず工場は、毎日毎日忙しく「トロフィーなんか無くても生きるのに支障はないのに、何でこんなに売れるの?」と思うほど忙しい。

結果、お母様がメニエール病で倒れられてしまいます。

仕方なく娘の真紀さんが「片付けのお手伝い」として工場に入ったのでした。

 

ところが、会社があまりにも汚い。

書類散乱、製品の品質管理・出荷管理など無し。

ちゃんとしようとしたら職人さんから

「とにかく出荷すればいい。不良や間違いは返品として帰ってくる。はよぉ出さな間に合わん。あんた邪魔やっ!」

という具合のひどい会社。

朝礼もなく、適当に仕事始めになって、夜遅くまで皆仕事をする。

 

きちんとした会社にしなければと思っていた時に

倫理法人会を紹介していただき、「職場の教養」に出会いました。

これは、みんなに必要なことだと思いすぐに入会しました。

 

社員の方々から「なんでそんなことするんだ」「朝礼などいらん」と猛反対。

挨拶も声が出ない。

職場の教養の輪読も声を出してくれない。

 

松原真紀さんはそれでも続けました。

だんだんと声も出るようになったころ、、、

 

そんなある日、

一番朝礼に反対していた男の社員さんから相談を受けるのです。

 

「夜、家に帰ると息子が包丁を振り回して暴れている。どうしたもんか」

詳しく聞くと、子供さんは引きこもりになり、それを奥さんや家族に爆発させているようです。

 

その方は伊賀から3時間半もかけて通勤してくれていて、夜も仕事で遅く帰宅する。

これでは家族の会話もないだろう。何とかしてあげたいと思い、

「その子を会社に連れて毎日出勤しなさいよ」

「いいんですか」

ということで、親子で毎日出勤することになりました。

 

お父さんの往復7時間という通勤の大変さや父親の仕事の姿を、

毎日毎日そばで見ているうちに息子さんもだんだん落ち着き、

ちゃんと生活できるようになったそうです。

 

何より父親である男性社員の方はとても喜ばれたそうです。

 

ご自分も幼い時に両親が働き詰めで家庭がなかった経験をし、

いま、社員の家族にも同じ経験をさせてしまっていると感じた松原さんは、

 

現在は、どんなことがあっても午後7時までには終業することを徹底しているそうです。

もちろん、職場の教養を使っての活力朝礼は毎朝欠かしません。

 

なんと素晴らしいお話しだと思いませんか?

皆さんの単会にもお呼びして見られてはいかがでしょう?

 

 

さぁ、一人でも多くの人に是非とも伝えて広めてあげたいですね、倫理!!

大阪府倫理法人会会長から新年度のご挨拶

平成29年度の年頭にあたり、ご挨拶申し上げます。

昨年、大阪府倫理法人会は木村会長の下、2年連続で「全7地区・全23単会が年間目標の完全達成」という偉業を成し遂げ、今や全国から注目される存在となりました。
これは木村会長の「普及サイクル」という仕組みづくりが定着してきた成果だと思います。
同時に大阪府の皆様の大きな力と勢いのうねりを感じております。

本年度のスローガンは『未来につなぐ縦横十字の流れをつくる』としました。
歴代の役員の方々との縦のつながり、また、現役員同士の横のつながりの十字の流れを大切にする一年とします。
またこの一年は、倫理実践者を増やす年にして参りたいと思います。

34年間、歴代の皆様が、情熱と愛情を注がれて連綿と築きあげられたこの大阪府倫理法人会の発展に私も全身全霊を傾けてまいる所存でございます。
年度目標「2752社」を全地区・全単会で達成すべく明朗・愛和・喜働で心と力を合わせてまいりましょう。

大阪府倫理法人会 会長 田畑 章

tabatakaicho